PAGE TOP ▲

第18回 あと一点の上積みに執着せよ!!

皆さん、こんにちは!! 本日は引き続き「不定詞」に取り組みます。

61pzxanzaql

頻出問題

★「be + to 不定詞」をマスターしてライバルと差をつけよ!!

まず、見た目は簡単なのだけど意味が沢山あり過ぎて持て余すことの多い「be + to 不定詞」です。
日本人の感覚からするとこんなにシンプルな構造なのだから意味は一つにしておいてよって突っ込みたくなりますよね。129番-予定・運命、130番―可能、131番―意図・目的となっています。さらに、131番の+プラス欄にあるように義務・命令を表す用法まで加わり意味は全7種類。

 

こうなって来ると全ての準備をしたうえで、後は正確に文脈を読み解いていくしかありません。長文読解において下線部和訳で問われることもしばしばなので要注意ですが、前後の文意を取り違えない限り、7つの用法のうち、「今回はこれだな!」と言う感触を得る事は難しくありません。要は総合力なのです。

 

 

お得問題

★イディオムを味方につける事が偏差値アップに直結!!

132番から134番までは独立不定詞です。解説を転記します。
「副詞用法の不定詞のひとつだが、完全に成句化したものなので、整理欄⑮の表現をイディオムとして覚えてしまうのが良い。」

 

整理欄は丸暗記してくださいと再々言っておりますが、やはりこれに優る偏差値アップへの王道はありません。難関大学突破は整理欄をどれだけ完璧に暗記できているかに依るといっても言い過ぎではないのです。繰り返し言いますよ。勝負を分ける問題は整理欄から出題されます!!

 

整理欄⑮でイディオムとして扱われている表現は14種類です。いずれも、長文読解・整序問題・英作文において大きな味方になります。有り難いことに日本人的な感覚で言っても一回覚えてしまえばしっくりくるものばかりですので安心して取り組んでください。

 

以上で第5章「不定詞」は終了です。次回からはいよいよ「動名詞」に入ります!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加