PAGE TOP ▲

第15回 偏差値上げたいなら「不定詞」を制覇せよ!

皆さん、こんにちは!! 今回も引き続き「不定詞」の世界を探求します。

61pzxanzaql

114番「不定詞を否定する語」は基本ルール

基本なので「不定詞を否定する語」は必ず覚えてください。

 

***最重要ポイント***

また115番「不定詞の意味上の主語」は不定詞を超えて英語そのものの特徴を理解するための良問です。
長文読解に入っていくと、一つのセンテンスが3行から4行に渡ることも普通です。5文型で言う所のSやVを追いかけながら文の構造を把握していく訳ですが、その中には不定詞や動名詞などが接続詞などに繋げられて沢山入り混じってきます。

 

全ての動詞(動詞が変化したものを含む)には必ず意味上の主語がありますので、ここをしっかり押さえていかないとトンチンカンな英文和訳となりバッサリ減点対象となるのです。

 

入試本番直前までこのポイントに悩まされる事が無いよう、今のうちにこのエッセンスを体得しておいてくださいね。

 

116番は発展問題

発展問題となっていますが、115番のエッセンスさえ理解していれば難しい問題ではありません。

「SVOCの基本文型」と「不定詞の意味上の主語」と「不定詞を否定する語」の複合問題と捉えれば正解に辿り着けるはずです。ひとつひとつの要素は難しい訳では無いのですが、3つ重なると発展問題を形成することになる好例です。それでも、これまでに身に付けた文法知識を総動員していけば怖くないのです。

 

次回も引き続き「不定詞」の重要問題を探っていきます!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加